阪神建設業許可サポートセンターで確実・迅速に許可取得。相談無料!遠慮も無用!お気軽にご連絡ください。

HOME » 建設業許可取得の要件 » 実務経験を証明する書類 | 阪神建設業許可サポートセンター

実務経験を証明する書類

建設行許可を取得するために、経営業務の管理責任者としての「経営経験」や専任技術者の「実務経験」を証明する必要があります。

証明書類として許可行政庁に求められる書類は、例えば次のようなものがあります。
 ①工事請負契約書
 ②発注書
 ③請書
 ④請求書

一番いいのは工事請負契約書ですが、建設業界の慣習的に書面を交わすわけではなく、口約束で工事請負契約を結ぶことは珍しくないようです。従って②~④の書類で経営経験または実務経験を証明することも多いのです。

許可行政庁によって、上記の書類をどれだけそろえばいいのかバラバラです。大阪府の場合は、1年につき回分の証明書類を10年間分そろえてくれと、求められます。一方で埼玉県では、一月当たり1件の証明書類を求められることになります。これを10年間分となると…12件×10年間分=120

120件分の契約書等を持ってこいという話になりますね。

お問い合わせはこちら

阪神建設業許可サポートセンター
運営者 行政書士なかひろ事務所 行政書士 中廣琢二
TEL:06-4950-0301
FAX:020-4664-1523
MAIL:info@con-suppo.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~20時まで

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab