阪神建設業許可サポートセンターで確実・迅速に許可取得。相談無料!遠慮も無用!お気軽にご連絡ください。

HOME » 建設業許可Q&A » 経営業務の補佐経験とは | 阪神建設業許可サポートセンター

経営補佐経験と役職

前回に引き続き経営業務の管理責任者(経管)となるための、補佐経験に関して書きます。

個人事業の代表者や法人の取締役としての経験が5年以上ない場合、経管として認めてもらうために「経営を補佐していた経験」が6年以上あれば経管として認めてもらうことができます。

例えば「支店長」「支社長」「部長」といった役職であれば、「経営を補佐した経験」として説得力があると思います。
一方「係長」「主任」といった役職ではどうでしょうか?

実際のところ、役職名はさほど関係ありません。名前だけの「支店長」や「部長」よりも、実態としてどういう仕事を任されていたのか?という点が問われれます。

支店長や部長といった役職にあっても、社長が雲の上の存在であれば、経営を補佐した経験とは言い難いでしょう。
一方「主任」や「係長」といった役職名であっても、社員数名の会社であれば、普段からさまざまな業務を社長から任命されていたと言っても、おかしくありません。

申請時に、そのことをきちんと説明できれば、役職名ではなく、実態で判断してもらえます。

大阪府へ申請する場合、経営業務管理責任者証明書に証明者の印鑑をついてもらえれば、それが証明となります。
兵庫県の場合は、これ以外に下の独自様式の証明書が必要です。

経営補佐経験の証明書

お問い合わせはこちら

阪神建設業許可サポートセンター
運営者 行政書士なかひろ事務所 行政書士 中廣琢二
TEL:06-4950-0301
FAX:020-4664-1523
MAIL:info@con-suppo.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~20時まで

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab