阪神建設業許可サポートセンターで確実・迅速に許可取得。相談無料!遠慮も無用!お気軽にご連絡ください。

HOME » 建設業許可Q&A » 太陽光発電設備の業種区分 | 阪神建設業許可サポートセンター

太陽光発電設備工事の業種区分

少し下火になってきたかもしれませんが、東日本大震災が発生して以来、原発に代わるエネルギーとして太陽光、風力、地熱など自然エネルギーについて注目が集まりました。中でも太陽光発電については、他の発電方法よりも研究が進んでいたことや政府の施策もあいまって、震災後、普及が加速的に進んだと思います。

さて、この太陽光発電設備の設置工事ですが、当然500万円以上の工事を受注する場合は、建設業許可を取得しておく必要があります。問題はその業種区分です。

基本的には電気工事業となりますが、太陽光パネル自体が住宅の屋根としての機能を持つ場合は、屋根工事業に該当します。

また太陽光発電設備を含む大規模な建築物の施工を請け負う場合は、建築工事業に該当する場合もあります。案件ごとに許可区分を十分に検討しておくことが必要でしょう。

お問い合わせはこちら

阪神建設業許可サポートセンター
運営者 行政書士なかひろ事務所 行政書士 中廣琢二
TEL:06-4950-0301
FAX:020-4664-1523
MAIL:info@con-suppo.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~20時まで

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab