阪神建設業許可サポートセンターで確実・迅速に許可取得。相談無料!遠慮も無用!お気軽にご連絡ください。

HOME » 許可取得後に発生する手続き » 専任技術者の変更届 | 阪神建設業許可サポートセンター

専任技術者の変更届

建設業許可を取得した後、専任技術者が退職したり死亡したりした場合、新しい専任技術者を届出なければ、建設業許可を維持することができません。届出期限は事実発生後から14日以内とされています。
新規許可申請の場合と同じく、当然に常勤性専任性が求められます。

常勤性については、健康保険被保険者証と直近の標準報酬決定通知書で確認されます。専任性は、他の事業所の専任技術者として登録されていないか、申請先の行政庁がパソコンで確認します。また建設業を営もうとする営業所と違う場所で建築士事務所の管理建築士や専任の宅地建物取引士として登録されている場合も、専任技術者としては認められません。

以前勤めていた会社で専任技術者として登録されており、退職後も変更届が出されていない場合もあります。申請時に発覚することもありますので、注意が必要です。

お問い合わせはこちら

阪神建設業許可サポートセンター
運営者 行政書士なかひろ事務所 行政書士 中廣琢二
TEL:06-4950-0301
FAX:020-4664-1523
MAIL:info@con-suppo.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~20時まで

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab