阪神建設業許可サポートセンターで確実・迅速に許可取得。相談無料!遠慮も無用!お気軽にご連絡ください。

HOME » 許可取得後に発生する手続き » 業種追加 | 阪神建設業許可サポートセンター

業種追加

建設業許可を取得した後、他の業種に関する許可も取得したい場合、「業種追加」の申請をする必要があります。業種追加の申請手数料(国土交通大臣許可は登録免許税)は5万円となります。

業種追加する場合でも、専任技術者が当然必要になります。

一定の国家資格等で専任技術者として登録している場合、その資格が追加業種の専技要件に該当していれば、複数の業種の専任技術者になることができます。

例えば一級の土木施工管理技士の資格を有していれば、その人は同時に土木工事業、とび・土工工事業、石工事業、鋼構造物工事業、舗装工事業、しゅんせつ工事業、塗装工事業、水道施設工事業の専任技術者になることができます。

10年間の実務経験で専任技術者として登録されている場合、他の業種でその10年間の実務経験期間を使うことはできません。
例えば「平成18年~平成27年まで土木工事業に従事していた」ことを実務経験証明書で証明していた場合、その期間にたとえ建築工事の現場の経験があったとしても、建築工事業の実務経験期間として申請することができません。

なお「解体工事業」と「とび・土工工事業」に限り、平成28年5月31日までの期間について、重複して申請することができます。

B-5

お問い合わせはこちら

阪神建設業許可サポートセンター
運営者 行政書士なかひろ事務所 行政書士 中廣琢二
TEL:06-4950-0301
FAX:020-4664-1523
MAIL:info@con-suppo.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~20時まで

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab